プリントプリウスホーム > ご利用ガイド > データチェック > スクリーンショットは撮りましたか?

ご利用ガイド

データチェック

入稿データの必須チェック項目について、下記項目をご確認ください。

入稿データの必須チェック項目

スクリーンショットは撮りましたか?

印刷見本の作成

スクリーンショットはデータチェック時に印刷見本として参考にさせていただきます。ただし、デザイン面でのチェックや文字校正は行いません。画像ぬけなどの体裁確認とデータ入稿間違いを防止する為のものです。スクリーンショット以外のPDFデータなどでも結構です。

スクリーンショットの作成方法(Macintoshの場合)

1

入稿用の最終完全データを、作成されたアプリケーションで開き、全画面表示などで倍率を調整し、全て見える状態にしてください。

2

全画面表示にして、各種ツールボックスで隠れない形で、なおかつ、できるだけ大きく見えるよう倍率を変更して全体が見えるようにしてください。

3

図1のショートカット(コマンド+シフト+3)を押すと、「バシャ」というシャッター音が鳴ります。もし、図2の(コマンド+シフト+4)であれば、カーソルが十字にかわるのでキャプチャを撮りたいところをドラッグして囲むと、その範囲だけを選択して撮ることができます。
作成されたレイアウトファイル(例えばフライヤー)の表と裏が2種類あれば、「印刷見本_表」、「印刷見本_裏」などのファイル名に変更してください。

【Mac OS 9の場合】
起動ディスク内に「スクリーン1」などの名前でPICTファイルができあがっています。
両面ある場合、「印刷見本_表」、「印刷見本_裏」などのファイル名に変更してください。
【Mac OS 10以降の場合】
下図のようなアイコンのファイルが起動ディスクの第1階層(デスクトップ)に保存されています。
(Mac OS 10~10.3.9であれば、PDFファイルで保存され、Mac OS 10.4以降ではPNGファイルとして保存されます。)

ページトップに戻る

スクリーンショットの作成方法(Windowsの場合)

1

入稿用の最終完全データを、作成されたアプリケーションで開き、全画面表示などで倍率を調整し、全て見える状態にしてください。

2

全画面表示にして、各種ツールボックスで隠れない形で、なおかつ、できるだけ大きく見えるよう倍率を変更して全体が見えるようにしてください。

3

下図のようなボタンが、キーボードの右上あたりにあります。(機種によって異なります。)そのボタンを押すとWindowsのメモリにスクリーンショットのコピーがされます。(この時点で何も音もでません。またファイルができる わけではありません)

4

スタート>プログラム>アクセサリの中に「ペイント」というWindows標準アプリケーションがありますので、それを起動してください。(Photoshopをお持ちであればそれでもかまいません。)

4

そのアプリケーションの編集メニューから、もしくは右クリックで表示されるサブメニューから「貼り付け」を選んでください。そのアプリケーションに先程の作業画面がペースト(貼り付け)されます。それに「印刷見本_表」などのファイル名をつけ、BMPファイルかJPGファイルにて保存してください。

次へ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

スクリーンショットは撮りましたか?|チラシ印刷|パンフレット印刷|激安印刷なら印刷通販プリントプリウス