プリントプリウスホーム > ご利用ガイド > データチェック > 注文サイズで作成されていますか?

ご利用ガイド

データチェック

入稿データの必須チェック項目について、下記項目をご確認ください。

入稿データの必須チェック項目

注文サイズで作成されていますか?

トンボの作成

llustratorでデータを制作されるときは、トンボ(トリムマーク)が必要になります。また、トンボは正確な印刷仕上がりサイズに基づいて作成されていなければNGになります。

トンボは、まず仕上がりサイズの四角形を作成し、ツールバー下部の「塗り」「線」の両方に「なし(赤い斜線)」に設定します。その四角形に対して、メニューバー「フィルタ→クリエイト→トリムマーク」を選んで作成します。

Photoshopで完全データを制作の場合はトンボは必要ありませんが、塗り足し※分(天地左右にそれぞれ+3mmずつ)を含めたドキュメントサイズで作成してください。

仕上がりイメージ(赤線の部分が仕上がり)
大きな紙に印刷して、仕上がりサイズで断裁します。そのため、断裁位置がずれてしまうと仕上がりぎりぎりにある画像などに白いふちが出てしまう場合があります。
これをさける為に作成しておかなければならないのが、印刷用語で「ぬりたし」とよばれるものです。
具体的には、仕上がりの外側に3mmの余分を設けます。

“塗り足し”がある状態(赤線の部分が仕上がり/データでは赤線なし)
仕上がりの外側に設けて頂いた3mmの余分「ぬりたし」は、断裁時にカットされてしまいます。
よって、仕上がりイメージをそのまま拡大してしまうと、必要な部分が切り落とされてしまいます。
切り落とされることを想定し、データの作成をお願いいたします。

※塗り足しとは?

DTP・印刷の専門用語に「塗り足し(ぬりたし)」というものがあります。
塗り足しは、写真などを仕上がりサイズまで配置するときに、印刷時に起こる用紙のブレや断裁時のズレを想定し、あらかじめ3mmの余裕を持たせることが印刷における基本となっています。
また、最終的に断裁される箇所なので、重要な文章などは仕上がりサイズの天地左右から最低でも3mmの余裕を持たせて配置してください。

次へ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

注文サイズで作成されてますか?|チラシ印刷|パンフレット印刷|激安印刷なら印刷通販プリントプリウス