プリントプリウスホーム > テクニカルガイド > データ制作 > Photoshopデータのみでの入稿方法について

テクニカルガイド ~データ制作のポイント~

DTPの普及により、印刷も身近なものになってきました。
しかし、実際にデータを制作してみると、画像やフォントなど様々な問題が出てきます。
パソコンの画面上だけではその問題に気付きにくいものが多々存在します。
仕上がった印刷物を見て「あれ?こんなはずじゃなかったのに!」とならないためのポイントや参考になる基本知識をまとめてみました。無料でお使いいただけるテンプレートもご用意しました。
お役に立てると嬉しいです。ぜひご活用ください。

データ制作のポイント

Photoshop データのみでの入稿方法について

Illustratorを使用せず、Photoshopのみでご入稿の場合、トンボは不要です。CMYK・グレースケールのデータは原寸サイズで解像度300~350dpiになるように作成してください。(モノクロ2階調の場合は1200dpi推奨)
仕上がりサイズより外側に3mm程度の塗り足しを必ずつけてください。
※ psd 形式でご入稿の場合は「レイヤー」タブより「画像を統合」を選択し、レイヤーを1 枚にして保存したデータをご入稿ください。

[A4サイズの例]
原寸の297×210mmに天地左右それぞれ3mmずつの塗り足し(赤色の部分)を含め、303×216mmとなります。

次へ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

Photoshopデータのみでの入稿方法(テクニカルガイド)|チラシ印刷|パンフレット印刷|激安印刷なら印刷通販プリントプリウス