プリントプリウスホーム > テクニカルガイド > データ制作 > フォントのアウトライン化に注意しましょう

テクニカルガイド ~データ制作のポイント~

DTPの普及により、印刷も身近なものになってきました。
しかし、実際にデータを制作してみると、画像やフォントなど様々な問題が出てきます。
パソコンの画面上だけではその問題に気付きにくいものが多々存在します。
仕上がった印刷物を見て「あれ?こんなはずじゃなかったのに!」とならないためのポイントや参考になる基本知識をまとめてみました。無料でお使いいただけるテンプレートもご用意しました。
お役に立てると嬉しいです。ぜひご活用ください。

データ制作のポイント

フォントのアウトライン化に注意しましょう

文字はフォントファイルを使用して入力しますが、そのフォントを使用したIllustratorファイルを別のパソコンで開くには、制作でお使いの同じフォントファイルが無ければ正確に表示されません。印刷会社にIllustratorファイルを入稿する場合、必ず全てのフォントに「アウトラインの作成」をしてください。この作業を忘れてしまうと、上図の文字化けの状態となり、適当なフォントに置き換えられてしまいます。こうなると入稿のやり直しという事態になってしまい、納期が遅れることがあります。また、Illustrator以外のアプリケーションに関しましては、アウトライン化せずにご入稿となりますが、データチェックにて使用不可能なフォントが発生した場合は、再入稿とさせていただきます。

フォントやレイヤーをロックしているとオブジェクトの選択が適切に行われず、アウトラインの作成ができませんので、必ず全てのロックを解除してからアウトライン作成を行うようにしてください。また、「文字」メニュー内の「フォントの検索/置換」を使用すれば、アウトライン作成をしていないフォントを検索することができます。

※注意:文字が無くても孤立ポイントとして残っているものも表示されます。もし、見つかった場合には消去しておきましょう。

アウトライン前

アウトライン後

文字化けの状態

※画像は、Mac版 Illustrator10のものです。
 OSやバージョンによって多少異なります。

次へ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

フォントのアウトラインに注意(テクニカルガイド)|チラシ印刷|パンフレット印刷|激安印刷なら印刷通販プリントプリウス