プリントプリウスホーム > テクニカルガイド > データ制作 > 画像解像度に注意しましょう

テクニカルガイド ~データ制作のポイント~

DTPの普及により、印刷も身近なものになってきました。
しかし、実際にデータを制作してみると、画像やフォントなど様々な問題が出てきます。
パソコンの画面上だけではその問題に気付きにくいものが多々存在します。
仕上がった印刷物を見て「あれ?こんなはずじゃなかったのに!」とならないためのポイントや参考になる基本知識をまとめてみました。無料でお使いいただけるテンプレートもご用意しました。
お役に立てると嬉しいです。ぜひご活用ください。

データ制作のポイント

画像解像度に注意しましょう

解像度(dpi)とは、「Dots Per Inch」の頭文字を取ったもので、1インチ四方を何個の点の集まりとして表現するかを表しています。この値が高いほどより写真に近い美しい表現が可能となります。

WEB上での表示に最適な解像度は72dpi、フルカラー印刷なら350dpi、モノクロ二階調の場合は1,200dpiです。印刷に使用される画像解像度は300~350dpiを目安としてください。

Photoshopの解像度の変更

デジタルカメラで撮影した画像は、RGBモードの72dpiに設定されています。Photoshopなどの画像編集ソフトでモードをCMYKに、解像度を350dpiに設定し直してください。

「画像の再サンプル」のチェックは必ずオフにしてから解像度を変更して下さい。
「幅」と「高さ」の欄に、画像データが任意の解像度で画質を保持できる最大寸法が割り出されます。

下図を例に見てみますと、「解像度:350」と数値を入れた場合、「幅:12.15cm・高さ:18.2cm」と算出されました。この数値でわかるのは、

「この画像データで350dpiを保持しようとすると「幅:12.15cm・高さ:18.2cm」が最大の寸法となり、それ以上の大きなドキュメントサイズに変更すると、画質が荒れてしまう」という目安が表されます。

また、保存する際には印刷に適したEPS形式で保存してください。JPEG形式のままでは保存を重ねる度に圧縮がかかり画像が劣化していきますのでご注意ください。

次へ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

画像解像度に注意(テクニカルガイド)|チラシ印刷|パンフレット印刷|激安印刷なら印刷通販プリントプリウス