プリントプリウスホーム > テクニカルガイドトップ(データ作成のポイント)

テクニカルガイド ~データ制作のポイント~

DTPの普及により、印刷も身近なものになってきました。
しかし、実際にデータを制作してみると、画像やフォントなど様々な問題が出てきます。
パソコンの画面上だけではその問題に気付きにくいものが多々存在します。
仕上がった印刷物を見て「あれ?こんなはずじゃなかったのに!」とならないためのポイントや参考になる基本知識をまとめてみました。無料でお使いいただけるテンプレートもご用意しました。
お役に立てると嬉しいです。ぜひご活用ください。

データ制作のポイント

画像フォーマットに注意しましょう

画像フォーマットには、バイナリ・TIFF・JPEG・psd等さまざまな種類がありますが、当社におきましては品質・容量の事を考えますとeps-jpegでの入稿を推奨しております。バイナリ・TIFFでの進行でありますと、データ容量が大きくなる為、作業進行の遅延や入稿方法の制限(オンライン入稿ができなくなる等)が発生致しますので、画像フォーマットはeps-jpegでの入稿にてお願いいたします。

保存形式はPhotoshop EPSを選択してください。

エンコーディングは品質重視の為JPEG-最高画質(最低圧縮率)を選択してください。
チェックボックスに関しては製版作業時トラブルの原因となる可能性がある為全て外しておいてください。

次へ

ページトップに戻る

ページトップに戻る

テクニカルガイド|チラシ印刷|パンフレット印刷|激安印刷なら印刷通販プリントプリウス